2015年05月20日

錦江湾の生簀船の進水式

大きな船です
御所の浦 カタクチイワシを竹籠で活魚のまま曳航していたのが
この船で 活きたまま沖から港まで運ぶそうです
カツオ船がエサを求めて 殺到するでしょう
鬼池の造船所まで進水式を写真撮りに行きました
30Mあるそうですよ 9桁以上はするでしょう
ハイテクを駆使して 海水の酸素溶存量とかいろいろ設備があるようです




















左舷側の貯水タンクに海水を入れてますね
海水をためてから曳航するようです
野暮なようですが 錦江湾までの曳航料は7桁かかるそうです

Posted by 民宿大漁丸 at 15:49│Comments(4)
この記事へのコメント
曳航?その船には動力がないのですか??
別の造船所で、エンジン載せるんですかね?

教えて下さ~~い!
Posted by 原田鈑金塗装原田鈑金塗装 at 2015年05月21日 09:04
原田鈑金塗装さん この船には推進機はついてないのです
カツオ船に積む エサのカタクチイワシを活かして沖から運ぶのですよ
御所の浦で竹の生簀を運ぶ船をよく見ましたが その代りの船ですね
この船の中に カタクチイワシを入れて 港の生簀まで運ぶそうです
曳航船も馬力アップして 大きなエンジンを乗せ換えたようです
1000馬力以上で 力が強い低速エンジンと聞いております
Posted by 民宿大漁丸民宿大漁丸 at 2015年05月21日 20:56
ありがとうございました!曳航して、停船するときは
どうするんですかね?恐ろしい・・・
Posted by 原田鈑金塗装原田鈑金塗装 at 2015年06月01日 11:04
原田鈑金塗装さん 停船するときはロープとか
船を舫うとかすれば その船の推進機を使ったら
それにしても 簡単には 停船することは難しいですね
慣れだけですね
Posted by 民宿大漁丸民宿大漁丸 at 2015年06月01日 21:56
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。